スペーサー
駐車場56台完備

049-293-6308

埼玉県ふじみ野市上福岡6-4-5
メディカルセンター上福岡

一般皮膚科

皮膚科とは

一般皮膚科画像

当院では、日本皮膚科学会認定の皮膚科専門医である院長が、小さなお子さんからご高齢の方まで幅広い年代の方々の皮膚に関するトラブルを全般に診療します。
皮膚は内臓ではありませんが、頭からつま先までを覆う、最も大きな臓器といえます。皮膚科ではその体の表面にできたさまざまな症状を診察、治療しています。
湿疹やかぶれができた、水ぶくれがある、肌がかゆくてたまらない、イボやタコ・ウオノメが現れた、虫に刺された、日焼けで肌が痛い、ニキビがひどい、アレルギーのような皮膚症状がある、といった場合はぜひ皮膚科へ。また、爪や髪も皮膚の一部ですので、爪が割れた、頭皮に炎症がある、薄毛や脱毛症に悩んでいる、などについても気軽に相談してください。
ときに、内臓や骨などのトラブルのために皮膚に症状が現れることがあります。その場合は内科や整形外科など、受診すべき適切な科をご案内します。また、皮膚症状は日常生活と密接に関係していることも少なくありません。薬物療法のみでは難しいときは生活を送る上でのちょっとしたコツも提案していきます。

以下のような皮膚症状がある場合はご相談ください(例)

  • 湿疹
  • かぶれ
  • 痒み
  • アトピー性皮膚炎
  • じんま疹
  • 乾癬
  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • 水虫(足白癬)
  • 虫刺され
  • ホクロ
  • イボ
  • タコ、ウオノメ
  • おでき
  • 巻き爪(陥入爪)
  • やけど
  • 帯状疱疹
  • 円形脱毛症 など

診察の流れについて

初診の方は、まず問診票の記入をお願いします。具体的には、いつから、どの部位に、どのような症状がみられているか、同様の症状が過去にもあったか、などを記入してください。その後、診察室で視診、触診などを行い、診断を進めます。症状の経過を正確に判断したいので、了解を得た上で病変部の写真を撮らせてもらい、電子カルテに保存します(任意)。診断のために検査が必要と判断された場合は、顕微鏡検査、アレルギーの血液検査、パッチテスト、などを行います。ホクロやシミの様なものでも悪性腫瘍の可能性が考えられる場合は、拡大鏡(ダーモスコープ)を用いて詳細に観察し、病理検査の必要性を判断します。

昔から皮膚は全身を映す鏡といわれています。内臓などの臓器のトラブルが原因で皮膚に症状が出る場合もあります。ちょっとした湿疹やかぶれと思って皮膚科で診察を受けたら内臓の病気を発症していた、ということも少なくありません。原因が特定できない、ちょっとした皮膚症状につきましても、気になる場合は受診をおすすめします。

そのほか、乾燥肌や肌荒れでお悩みの方もお気軽にご相談ください。当院では、お一人お一人に合ったスキンケアをアドバイスします。

皮膚科でよくみられる代表的な疾患

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、体や腕、脚など、さまざまな部位に強い痒みのある湿疹が出てくるのが特徴的です。全体が乾燥したカサカサ肌で、そのうちプツプツと赤みのある湿疹が出てきます。湿疹がひどくなったり、掻き壊してしまうと、ジクジクした浸出液が出てくることもあります。湿疹が治らないで長引いてしまうと、皮膚はガサガサに変化し、硬く(苔癬化)、黒っぽく(色素沈着)なっていきます。湿疹が出やすい部位は肘の内側、膝の裏側、首、などで、ひどくなると全身に拡がります。お子さんでは耳たぶがきれてしまう(耳切れ)こともよくあります。さらに、カサカサ肌ではバリア機能が弱っているので、とびひ(伝染性膿痂疹)や水イボ(伝染性軟属腫)を併発しやすくなります。

発症および悪化には、乾燥肌体質と環境因子の2つが関係しているといわれています。環境因子は皮膚に付着する刺激物質のことで、ほこり、汗、石けん、などが挙げられます。しかし、最も重要なのは乾燥肌体質です。皮膚が乾燥するとバリア機能が弱ってしまい、いろんな物質から刺激を受けやすくなります。そして、これらの刺激により容易に湿疹ができてしまいます。お子さんでは乾燥肌以外にもアレルギーで悪化する場合があり、卵や牛乳などの食物のほか、ダニや花粉などが関連していることがあります。成人では、睡眠不足や疲労、ストレスで症状が悪化することが多く、それらも悪化因子になっていると思われます。このように、アトピー性皮膚炎の病態には「乾燥肌体質と環境因子」以外にも多くの因子が複雑に関係しています。

治療は対症療法になります。「良い状態を長く」維持することが重要で、そのためにまず保湿剤を外用し、しっとり肌をキープしておきます。この保湿剤外用と抗ヒスタミン薬の内服を基本とし、症状に合わせてステロイド薬や免疫抑制薬を外用し、重症の場合は免疫抑制薬の内服をすることもあります。また近年では、皮膚炎を沈静化したり、痒みを抑えたりする、紫外線療法(エキシマライト、ナローバンドUVB)もアトピー性皮膚炎に使えるようになり、当院でも実施しております。
日常生活においては、皮膚が乾燥してバリア機能が低下しないよう、入浴や洗顔のときに皮膚を擦らないようにしたり、石けんを使って洗うのを1日おきにしたりする、といった対策をとってもらいます。調子が良いときも保湿剤の外用は続けてしっとり肌を維持します。アトピー性皮膚炎は症状が長く続く慢性の病気で良いときもあれば悪い時もあります。「短期間で治す」というより「良いときを長く維持する」という気持ちで治療を続けてもらいたいと思います。

じんま疹

蚊に刺されたような、盛り上がりのある、ほんのり赤い発疹が特徴的です。突然出現し、強い痒みを伴いますが、発疹は数分~数時間、長くても24時間で何も残さずに消えていきます。大きさも形もさまざまで、拡がって「地図みたい」な形になったり、短時間で出没して「移動する」ように感じたりすることもあります。体のあちこちに出没し、掻くと線状の発疹が誘発されます。痒みのほか、チクチクした痛み、熱く焼けつくような痛みを感じることもあります。
発疹は1ヶ月ほどで出なくなることが多いのですが、慢性化すると数年におよぶことも少なくありません(慢性蕁麻疹)。通常、じんま疹は体温が上がると出やすいので、入浴、飲酒、運動を制限してもらうこともあります。なお、唇や口腔内が腫れる、喉がつまる感じがする、といった症状(血管性浮腫)が出る場合は重症のじんま疹ですので注意が必要です。

原因不明のじんま疹(特発性蕁麻疹)がほとんどで、悪化因子として疲れや睡眠不足、ストレスなどが関係しているといわれています。一方、割合は少ないものの、食物、薬剤、日光、寒冷刺激など、原因が明らかなじんま疹もあります。この場合、食物では卵、小麦、エビ、カニ、薬剤では消炎鎮痛薬、高血圧治療薬、などが多いとされています。

治療は、原因が明らかであればその物質との接触を避けたり、刺激を回避したりするのを優先します。すなわち、原因が食物や薬剤であればそれらを摂取しないようにし、日光であれば紫外線対策を徹底し、寒冷刺激であれば防寒対策を徹底します。これらが難しい場合は薬物療法を併用します。最も多い原因不明のじんま疹では薬物療法が主体となります。抗ヒスタミン薬の内服を基本とし、いくつかの内服薬を併用することもあります。また、入浴、飲酒、運動に注意してもらいます。重症のときは免疫抑制薬やステロイド薬などの内服を行うこともあります。

かぶれ(接触皮膚炎)

何か原因の物質に触れることで、その部位に皮膚炎が引き起こされます。触れた部位に、プツプツとした赤い発疹ができたり、一面に赤く腫れたり、ときには水ぶくれやただれができたりします。強い痒みを伴うのも特徴です。原因物質に触れた直後から皮膚炎が生じる刺激性接触皮膚炎と、触れた翌日以降に皮膚炎が生じるアレルギー性接触皮膚炎の2つのパターンがあります。いずれもひどい場合は、原因物質に触れていない部位にまで発疹ができたり(自家感作性皮膚炎)、全身に発疹が拡がったり(接触皮膚炎症候群)することがあります。

かぶれの原因物質については数えきれないほどありますが、代表的なものとして、金属(ニッケル、クロム、コバルト)、植物(ウルシ、サクラソウ、など)、食物、白髪染め、医薬品(湿布薬、消毒薬)、化学物質、香料、体液(尿や唾液)などが挙げられます。特殊なタイプの接触皮膚炎として、シイタケを食べたり、水銀を吸入したりして発症する全身性接触皮膚炎、湿布薬を貼った部位に紫外線が当たることで発症する光接触皮膚炎などもあります。

原因が明らかな場合は原因物質を避けるようにします。原因物質の検索として一部の物質についてはパッチテストで検査をすることも可能です。皮膚炎に対してはステロイド薬の外用と抗ヒスタミン薬の内服を行い、反応が広範囲に及んだ場合はステロイドの内服を併用します。

乾癬

赤い円形の発疹が頭部(髪の毛の生え際)、肘、膝、すね、背中、腰、などに多発し、しばしば痒みを伴います。発疹はやや盛り上がり、表面に白い鱗屑(剥がれ落ちそうな厚い角質)を付着します。この鱗屑は大きなフケのように容易に剥がれ、どんどん剥がしていくと点状の出血がみられるようになります。また、乾癬では爪の変形を伴うこともあります。ほとんどはこの尋常性乾癬というタイプですが、特殊なタイプとして手指などの関節炎を伴う関節症性乾癬(乾癬性関節炎)、高度の発熱や全身の皮膚が赤く腫れ膿疱が多発する膿疱性乾癬、などもあります。

乾癬の原因はわかっていませんが、遺伝的な解析が試みられ、さらに肥満や高コレステロール血症、心臓病、などとの関連も調査研究されています。好発年齢は20歳前後と40歳代で、慢性に経過します。

乾癬は慢性疾患ですので、アトピー性皮膚炎と同じく「良い状態を長く」維持するのが重要になります。治療はステロイド薬とビタミンD3薬の外用が基本になります。掻いたり擦ったりという刺激で発疹が誘発される(ケブネル現象)ので、痒い場合は抗ヒスタミン薬の内服も必要です。近年、乾癬の治療法は飛躍的に進歩しており、治りにくいときはこれらに加えていろんなオプション治療が使えるようになりました。紫外線療法(エキシマライト、ナローバンドUVB)、PDE4阻害薬の内服、免疫抑制薬の内服などは当院でも実施しております。さらに強力な治療法として生物学的製剤の注射という方法もあります(紹介になります)。

ホクロ

ホクロは、母斑細胞という細胞が増殖し、皮膚に茶色から黒の色調変化を起こしたものです。多くの場合、増殖した細胞のために盛り上がっています。茶色や黒といった色の変化は色素(メラニン)が活発に作られるためですが、色のない、周囲の皮膚と同じ色のホクロもあります。正式には母斑細胞性母斑、色素性母斑などと呼ばれ、良性腫瘍に分類されます。ホクロがあるけど、変化に乏しく、見た目も気にならない、という場合はそのままでも問題ありません。しかし、短期間で急に大きくなった、黒い色が濃くなってきた、黒い色がホクロの周囲にまで染み出してきた、ホクロ自体が崩れてきた、といった症状が現れたら、悪性の可能性があるので注意が必要です。

主な良性皮膚腫瘍

母斑細胞性母斑・色素性母斑

母斑細胞が皮膚で増殖したもの。茶色から黒い色調で、数mm~1cmほどに盛り上がることが多いが、盛り上がらないもの、色がないもの、もある。

脂漏性角化症

皮膚の表面にできる茶色いイボ状のしこり。露出部に多く、加齢とともに増えていくので老人性イボともいわれる。

粉瘤(表皮嚢腫、アテローム)

表皮が陥入して、皮膚の内側に角質や皮脂が溜まった袋ができたもの。柔らかく、わずかに盛り上がる。中央に「へそ」のような凹みがあり、ここから臭いのある白っぽいものが出てくることもある。炎症を起こすと広範囲に赤く腫れ、痛くなる。

石灰化上皮腫(毛母腫)

毛を作る細胞の良性腫瘍。皮膚の内部にできる骨のように硬いしこり。皮膚の表面は青みがかった薄い灰色になることが多い。

稗粒腫

皮膚の表面にできる、直径1~2mmほどの白い粒状のしこり(角質が入った袋)。顔面、特に目の周りに多発することが多い。

汗管腫

汗を分泌する管(汗管)が皮膚内で増殖したもの。数mmの粒状のしこりが、女性の顔面に多発する。汗の量に影響されるため、夏はやや目立つ。

皮膚線維腫

膠原繊維(コラーゲン)とそれを作る細胞(線維芽細胞)が皮膚内で増殖したもの。1cm前後で、表面は茶色で、硬くやや隆起し、つまむと痛い。

主な悪性皮膚腫瘍

日光角化症

顔などの露光部に好発する皮膚の早期ガン。盛り上がりはあまりなく、赤みを帯び、表面がカサカサしていることが多い。日光が影響しているとされている。

ボーエン病

皮膚の早期ガンで、茶色、黒色、赤色と色はさまざま。やや盛り上がり、表面がカサカサしていることが多いが、ただれていることもある。日光やウィルスが関係しているといわれている。

基底細胞ガン

顔などの露光部に好発する、やや盛り上がった皮膚ガン。一部、もしくは全体が黒いことが多く、光沢があり、毛細血管の拡張を伴う。皮膚がただれる場合もある。転移はまれ。紫外線、放射線などが関連しているとされている。

有棘細胞ガン

顔などの露光部に好発する皮膚ガン。表面に白色調の角質を付着し、盛り上がっていることが多い。進行すると悪臭を伴い、リンパ節に転移することもある。紫外線、砒素、放射線などが影響しているとされている。

悪性黒色腫

ホクロに似た症状だが、拡大・増殖スピードが速い。不規則な形に拡大する、色調にムラがある、なども要注意のサイン。あまり黒くないものもある。爪にできると、爪が黒くなる、爪の周囲まで黒くなる、といった症状が現れる。皮膚ガンの中では最も危険で進行すると生命に関わる。紫外線のほか、ケガや靴擦れなどの刺激が関係しているとされている。

皮膚腫瘍には良性、悪性とも多くの種類があるのでここでは説明しきれませんが、代表的なものはこの一覧のようになります。悪性腫瘍の場合でも悪性黒色腫を除いて、ほとんどの場合は生命に危険が及ぶことはありません。診断の結果、皮膚ガンではなく、ホクロや良性腫瘍であれば、希望される場合は手術による切除のほか、炭酸ガスレーザーによる焼灼も可能です。皮膚ガンもしくはその疑いがあると判断されれば、手術や生検(細胞の検査)を提案したり、大学病院などの大きな病院へ紹介します。

帯状疱疹

帯状疱疹は水ぼうそうのウィルス(水痘・帯状疱疹ウイルス)が復活して発症する病気です。つまり、ウィルスによる病気で、伝染することもあります。幼少期にこのウィルスが体に入って水ぼうそうを発症しますが、水ぼうそうが治癒した後もこのウィルスは生涯にわたって体内に潜伏します。日頃はウィルスが活性化しないよう免疫で押さえ込んでいますが、免疫が低下してしまうとこのウィルスが再び活性化して帯状疱疹が発症します。具体的には、病気やケガ、疲れ、ストレスなどがきっかけになります。また高齢になるほど発症しやすくなります。

症状は、チクチク、ピリピリした痛みや皮膚の違和感で始まり、やがてその部位に赤い発疹や3~5mmほどの水ぶくれが数個集まって出てきます。水ぶくれは帯状に増えていき、痛みも次第に強くなります。皮膚はその後、かさぶたになったり、ジクジクしたりして、落ち着くまでに3週間くらいかかります。痛みは皮膚の症状と共に軽快することもありますが、そうならないことも多くあります。一旦落ち着いたにもかかわらず、皮膚症状が軽快した後に、痛みがより一層強くなることもあります(帯状疱疹後神経痛)。

治療は抗ウイルス薬の内服が中心になります。痛みがあれば、消炎鎮痛薬の内服も併用します。早期に治療を始めることが大切です。抗ウィルス薬は通常1週間の飲みきりタイプになります。皮膚症状が3週間ほどで落ち着いた後も、神経痛だけが長期間残ることもあり、長い場合は数年かかることもあります。痛みが強い場合は、より専門的な治療として、神経に向けて注射するブロック注射があります。近隣に痛み専門の医院がありますので紹介します。

ニキビ(ざ瘡)

顔、胸、背中などにできる、赤いポツポツした発疹が特徴的ですが、白いポツポツ(白ニキビ)、中心が黒いポツポツ(黒ニキビ)などもあります。思春期のニキビは皮脂の分泌が多くなる13歳から20歳ぐらいに多い傾向があります。一方、大人ニキビは20歳台から40歳台にみられ、不規則な生活、バランスのとれていない食生活が続いてしまう方に多い傾向があります。

ニキビの要因は大きく2つで、毛穴のつまりとニキビ菌(アクネ菌)の繁殖です。皮脂の過剰な分泌と角質の異常により毛穴がつまり、それを栄養としてニキビ菌が繁殖します。やがて毛穴の部分に膿(うみ)を含んだ赤いプツプツとした発疹が出現するようになります。

治療は外用と内服が主体になります。外用は抗菌作用のある抗生物質や硫黄製剤などのほか、最近では毛穴のつまりを改善する過酸化ベンゾイルやアダパレンといった新しいタイプの薬剤も使えるようになりました。内服はビタミン剤、漢方薬を基本に一時的に抗生物質を併用することもあります。症状の程度から適切な治療法を選択することになります。さらに、毛穴のつまりを改善するためにケミカルピーリング(保険適応外)をすることも可能です。 毎日の洗顔は、石鹸をよく泡立ててやさしく洗顔します。毛穴のつまりを解放しようとしてゴシゴシ洗うとかえって皮膚が傷んでしまいますのでNGです。野菜を多めに摂る、十分な睡眠をとる、なども重要です。爪などでニキビを潰すと大きく膨らんだり、袋状のしこりができたり、治ったあとも瘢痕と呼ばれる凹凸が残るようになります。決して潰さないようにしてください。

よしなが皮膚科

診療科目
一般皮膚科・小児皮膚科・アレルギー科
住所
埼玉県ふじみ野市上福岡6-4-5
メディカルセンター上福岡
アクセス
電車
東武東上線 上福岡駅 徒歩3分
川越街道「上福岡駅西口入口」交差点を駅方向へ500m 駐車場56台完備
電話番号
049-293-6308
診療時間
  
日祝
9:00~12:30
15:00~18:30

休診日:水曜日・日曜・祝日
●:9:00~13:00